看護師1年目での離職率10%以上・・・。1年目って理想と現実とのギャップに苦しみますよね・・・。

女性が働く場合、結婚や出産など、生活環境の変化が働き方に影響するので、
なかなか同じペースで働く事はできません。
独身時代は好きなようにバリバリ働く事ができたとしても、結婚や出産をして家庭ができると、
仕事と家庭を両立させる為に、転職する方は沢山います。
家事や育児に専念する為に、職場を離れる方もかなりいます。
そのような事からも、他の職種に比べると、看護師は離職率が高いと言われていますよね。
看護師は不規則でハードな仕事なので、それも仕方がないのかもしれません。
でも、看護師1年目にして離職する方が多いのは、他の理由があるんですよね。

 

看護師1年目と言ったら、まだ何も分かっていない時期ですよね、その時期の離職率が10%もあるんです。
でも、実際の医療現場を見ると、新人ナースが離職してしまう理由もわかる気がするんですよ。
最も離職率が高いのが、夜勤のある病棟勤務なんです。
病棟勤務は、看護師としての高い知識や技術を求められる職場だし、仕事内容もハードです。
だから、ママさんナースにとって働きにくい職場なので、そのような中堅の看護師がいないんですよね。
だから、新人看護師への負担や期待が大きくなるんです。
普通だったら、頼りになる中堅看護師にプリセプターについてもらって、しっかりと知識や技術を身につけたいのに、
ちゃんとした指導を受ける事もないまま、現場に放り出されてしまうような感じです。
これでは、戸惑う事ばかりで、精神的な負担もかなりだと思うんですよね。
だから、せっかく看護師として働き始めても、理想と現実のギャップに悩んで、退職してしまう方が増えてしまうんです。
新人看護師が安心して仕事ができるような対策を取る必要がありますよね。