私が看護師を目指した理由

私が看護師になりたいと初めて思ったのは、幼稚園の頃でした。

 

病気の多い母に付き添い、毎日病院通いの日々でした。

 

私は、母が点滴をしている間、看護師さんの仕事をいつもみていました。

 

自分はまだ幼く何も出来ないけれど、いつか私もこんな看護師さんたちのように人を助ける仕事がしたい…
と思ったのがきっかけです。

 

そこから今に至るまで、勿論他の職種や、自分の得意分野を生かした職業に進もうかと迷った時期もありました。

 

 

しかし、母が離婚して難儀している姿を見て、やはり手に職をつけたいと思いました。
母は美容師の資格を持っていましたが、子ども四人を育てるには無理があり、建築関係の資格を色々と取り仕事につきました。

 

しかし、不景気などの時期は給料も下がり悩んでいることもありました。

 

 

 

やはり私は、女性であっても男性に劣ることなく稼ぐことの出来る看護職を選択しました。

 

看護師であれば、景気に左右されることもなく、どんな環境においても需要はなくなりません。

 

資格を取るためにかかる費用も、大学に進学するほどかかりませんし、奨学金などの制度も充実しています。

 

兄弟の多い私が進学するにも、負担はあまりかかりませんでした。

 

 

そして、やはり私は誰かの為に、人を救える仕事がしたい、という気持ちが強くあったということが看護師を目指した大きな理由です。

 

人を救える仕事は沢山ありますが、自分にとってはより身近で、資格を取りやすい職種であり、また将来性があるということが看護師という選択につながったと思います。