独身の頃と違うなと実感する時

現在は総合病院の外科病棟に勤務していますが、独身時代とは違うな〜と思う事は多々ありますね。

 

時間が取れないと言う点はもちろんですが、仕事に対する心構えが変わったな〜と思います。

 

独身の頃は、子供を持つ親の気持ちが理解出来ませんでしたし、家族が病気になる、家族が亡くなると言うのがどれ程に大変な事なのか、あまり深く考える事はありませんでした。

 

でも、今ならそれぞれ患者さんの背景は違いますが、私が患者さんの立場だったらと常に想像して、言葉使い1つにしても気を付けて接する様になりました。

 

子供を育てながら看護師を続けるのはハードだけど、子育てが仕事に良い影響を与えたり、看護師として成長する力にもなっているな〜と実感しています。

 

外科病棟には色々な年代の方が入院されてきます。

 

先日、30代の肝臓がんの末期の父親が入院されました。

 

もう治療の選択も出来ないほどに深刻な状況でしたが、まだ小さな子供2人がいるその方は、最期まで出来る治療はして欲しいと辛い治療を続ける事を選択されました。

 

苦しむ自分でも子供に自分の姿を覚えておいてほしいと言い、状態が悪い時でもご家族皆さんが目を背けずに向かい合っている姿がとても印象的でした。

 

私にも小さな子供がいるので、自分があの患者さんの立場だったら、あれほど強い気持ちを保てるだろうか?と色々と考えさせられるケースでした。

 

独身時代はとにかく仕事を効率的にして、仕事よりも遊びが重要だったり、患者さんの心理面まで深く考える事もありませんでしたが、結婚して子供を育てて心理的に随分と変わるものだと実感しています。